本場のお蕎麦の虜になりました

soba0327.jpg

こじんまりしてるけど、美味しい名店。各地に数多くあると思います。
今、自分の中でまさに名店!として紹介できる店舗さんが、新橋にある「竹泉」さんという、お蕎麦屋さんです。


知り合いに連れて行ってもらってからすっかりハマってしまい、今では数ヶ月に1度は必ず行きます。お味も良いですがお値段も中々良いので、しょっちゅう行けないのが悲しい所ですが...。


で、この竹泉さん、メインは勿論お蕎麦ですがその他サイドメニューも美味しい!


イチオシはだし巻き卵です。何かの番組で、卵焼きが美味しい店は全てが美味しいってくらいに、基本の基本だ。みたいな事を言っていた記憶がありますが、本当だなぁと感心するくらいに美味なのです。


他にもサクサクの穴子の天ぷらや、おつまみに最適なわさび菜のおひたしなどなど...ちょっと大人なお酒を楽しめる雰囲気とお料理がとても素敵です。
そしてやっぱりメインのお蕎麦が美味しい!中でもオススメは画像の「ゆず蕎麦」本来は「三色もり」の中のひとつなのですが、これが人気ですぐに売り切れてしまうんです。


凄く弾力のある麺に、ほのかな柚子の香りで、ひとしきりおつまみを食べた後でもするっと入ってしまう爽やかさ。


元々柑橘系がそこまで得意では無かったのですが、コレに関してはいくらでも食べれるレベルでした♪


他のお蕎麦も同じくモチモチ食感で、絶対家では味わえない一品です。
人気店なので、予約で振られてしまう事も多々ですが、これからも自分へのご褒美お店として愛用していきたいと思います。

痩せにくい体質のはおデブ菌のせい?

お腹がぽっこり、何とかしたい...となればダイエットですね。
でもダイエットを始めると便秘でぽっこりが無くならないと困ることはないでしょうか?
もしかするとそれは食事制限をしているために起こっている便秘かもしれません。

便秘や下痢は腸内環境の乱れや活動の低下で起こることが多いのですが、過度な制限ダイエットをしていると「必要な栄養素が摂れていない」「エネルギー不足になり体が動かない」「腸内の善玉菌のエネルギーも無くなる」「腸も善玉菌も働かなくなる」、その結界「便秘が続く」という悪循環に陥るのです。

また、恐ろしいのがおデブ菌と呼ばれる腸内細菌です。「私って痩せにくい体質」そんな風に思ってるとしたらひょっとするとこのおデブ菌のせいかもしれませんよ。

腸内細菌には太りやすい環境を作るおデブ菌と痩せやすい環境を作る痩せ菌がいることが判明してきています。
おデブ菌とは専門的に言うとファーミキューテス門で痩せ菌はバクテロイデス門という菌のグループです。

また、おデブ菌と痩せ菌は陣地を取り合うように片方が増えれば片方が減るという性質があるそうです。
その為おデブ菌が多い人は痩せ菌が少ない、ということになります。

参考:【おデブ菌 】痩せにくいのは体質でも遺伝でもなく腸内細菌の仕業!?肥満体質を改善する腸内フローラの話

ならばどうするか。

野菜などの食物繊維やヨーグルトなどの発酵食品はもちろんですが、オリゴ糖を摂取したり、糖質の摂り過ぎにならないよう炭水化物の摂取を抑えるなどの対策がおデブ菌を減らす対策になります。そして便秘には水分も十分に摂ることが大切です。なぜならおデブ菌は糖質や脂肪分が大好きだからです。

ダイエットで高糖質・高脂肪のものを食べ過ぎちゃいけない、というのはカロリーの面だけではなかったのですね。食べるものを制限するのは用意ではありませんが、そういった生活を改めない限り痩せやすい体は手に入らないし、また痩せにくいためダイエットも辛くなるということですね。

もしダイエットをしていて痩せにくいとか便秘になってるというようであれば、一度食事内容を見なおしてみてはいかがでしょうか。
良い食事のバランスが良い腸内フローラを築きさらに痩せ菌が増えて痩せやすい体へと導いてくれます。何事も「バランス」が大事ですね。

どろあわわはホントに凄かった!

テレビCMを見てご存じの方も多いと思いますが、どろあわわ~♪ってメロディーが印象的などろあわわですがホントに美白に効果あるの?
と半信半疑の方も多いのではないでしょうか?

私もその一人でしたが先日どろあわわを使って見たところその効果に驚き!
どろあわわの美白効果はいうことなしの満点、びっくりするほど色が変わります。
@コスメの口コミを見ると「確かに白くなるけどスクラブ成分が肌に残ってるんじゃ?」という方がいらっしゃいましたが
常識的に考えてそんな事はないと私は思います。

その証拠に2週間どろあわわを使わないで試してみましたが肌の色は未だに少し明るいです。

スクラブ成分が残ると言うならスクラブ成分入りの洗顔ソープは使えないという事になりますからね。
美容にいいとされるクレイ系のものも同じく使えない、という事になります。
という事はタナカミネラルソープのようなスクラブレスの洗顔ソープしか使ってはいけないのでしょうか?

でも、どろあわわってなぜこんなに肌が白くなるのでしょう?
私は古い角質のメラニン色素が溜まった色の濃い表面の部分がしっかりと取れているからだと思います。

肌自体が白くなったというよりは表面の古い角質が取れた、といった方がいいかもしれません。
ですので普段から角質のケアがしっかりできている方が使ってもハッキリとした色の違いは実感できないのではないかと思います。

口コミにいろいろな意見があるのはこのせいではないでしょうか。

ですので私のように角質ケアがちゃんとできていないような方には一度は使って頂きたい石鹸ですね。

ちなみにどろあわわって楽天で買うよりも直販の方が得のようです。


近頃じゃこういうのも珍しくないですよね。定期だと割引きとか・・・

メーカーさんからすれば定期にして売上を安定させたいのもわかりますけど

サンプルを出すとか、そういったサービスで販促してもらいたいなーと思うのは私だけじゃないはず。

妊活が最近はポピュラーになりましたよね。


妊活というとなんだか特別な感じがしますが、自分の体を知って自分の体を良くしていくものだとするととっても素敵なことですよね。


お友達も妊活をはじめました。そのお友達は長く喘息に苦しんでいていろいろ薬を服用していたので万が一のことを考えて子作りは先送りに、としていたのですが最近は喘息をうまいことコントロールして薬のいらない状態にすることに成功しました。


それだけでもすごいのですが、お友達が言うには自分の体を知ることができて前よりすごく毎日が楽しい、と言っていました。結果として赤ちゃんが来てくれたらうれしいけれどそうでなくても妊活していいことばっかりだよ、と話していました。


また、サプリメントの広告も良く目にするようになりました。マカで妊活とか一昔前では見たことないようなものがどんどん登場してきているようです。


マカだったら旦那さんも元気になってくれそうですよね。


妊娠したいときの食事はちゃんと補完することも望ましいそうです。


中でも葉酸をどうやって補給するかっていうのも難しい所、他にも摂り入れることが必要な栄養といえばミネラルや貧血予防のための鉄分などがそれですよね。

好き嫌いに関わらず、栄養バランスを整えて食すことが、妊娠しやすい体内環境を整えてくれるでしょうね。加工食品や外での食事を控えることも、妊活中の食事には気をつけたい所。


大変だけど赤ちゃんのためだと思えば苦になりません^^

ビフィズス菌サプリで迷う

今年は夏の間にアセモになってしまいました。二の腕の辺りもなんだかブツブツ・・・

いつもはアセモなんて出来ないのにねんで今年はなってしまったのか?

やっぱり年齢とか関係して肌が弱てるのかな?自分が老化してるなんて考えたくない(>_<)


どうやったら肌が強く出来る?外からのケアには限界があるので、やっぱり中から元気になるような

もの、うーん、スムージーは試してるし・・・

あっビフィズス菌がいいかも。


ヨーグルトがいまいち好きになれないわたしのお腹には絶対ビフィズス菌とか乳酸菌が足りてないはず。

でもいいサプリってどれなのか、まったく検討もつかない。

調べてみたら、ビフィーナっていうのとビフィコロンっていうのがどうも人気の模様。

でもこの2つよく似てるんですよねー。

胃酸で負けないカプセルに包まれてるところとか、お値段とか。

どっちにしようかホント迷う

でも、わたしと同じような人もそれなりにいるようで

違いを詳しくまとめてる方がいました。

結局は乳酸菌系のサプリは相性次第としながらも、まずはビフィーナのほうがおすすめみたい。

ということで早速注文してみました。

まずは一ヶ月ちゃんと飲んで、便秘にならないかとかお腹の調子を観察しようと思います。